HYIP投資 参加者ランキング(2017/03/25更新)

「みんな、どんな案件に投資しているの!?」

ということで、当ブログからの参加者ランキングを作りました。

それぞれのHYIPの特徴や、BC-GODの見解も含めて書いていきたいと思います。

第1位 SportArb(スポートアーブ)

当ブログからの参加人数 1925名(+25名)

金利 プランによって日利1〜4%の範囲で変動

元本 満期時に返却

案件運営日数 49日

BC-GOD運営日数 43日

ひとこと スポーツのブックメーカーアービトラージから収益を出す企業に投資するという案件。過去にナイスなHYIPを運営していたチームが立ち上げたとの情報があり自分はスタートから2.5ビットコインの強気運用。その後追加で5ビットコインを100%複利で運用を開始しました。ブックメーカーアービトラージ自体が普通に利益を出せるものなので、個人的になんとなく腑に落ちる。今後日本でかなり広がりそうな気配を感じる。当ブログ運営者はSportArb運営者と密に連絡を取っているが、プロジェクトとして長く続ける意志が感じられ好印象。SportArb(スポートアーブ)の当ブログ記事一覧はこちら

SportArb(スポートアーブ)への参加は、こちらから。

SportArb

第2位  X-Binary(エックスバイナリー)

当ブログからの参加人数  661名(+0)

金利 日利2%

元本 配当に含まれる

出金 自動出金

案件運営日数 77日

BC-GOD運用日数 57日

ひとこと 事業内容よりも何よりも、オートマチックバイナリーシステムという画期的なシステムが反響を呼び、参加者が増えた。しかし、突然メンテナンスに入ったと思ったらX-Binary V.2がスタート。もともとのX-Binaryからはデポジットからの最終配当が終了後、V.2に残高が移動されるというアナウンスが出ている。事実上の資金凍結だが、今後の動きに注視。ちなみに、V.2は順調に動いているがサポートからの返信が無い。X-Binary(エックスバイナリー)の当ブログ記事一覧はこちら

X-Binary(エックスバイナリー)への参加は、こちらから。

第3位  Trade Coin Club(トレードコインクラブ)

当ブログからの参加人数 273名(+1

金利 日利0.8〜1.5%

出金 出金指示後、運営側の承認制

案件運営日数 60日

BC-GOD運用日数 60日

ひとこと カリブ海のタックスヘイブン国であるベリーズで金融ライセンスを取得し、主要10種の暗号通貨のオートトレードで利益を生み出しているという実在する会社の案件。立ち上がり時に世界の大きな組織を動かしたため、相当な資金が集まると考えられる。現状、サーバーの負荷のためかアクセスがしにくい状況ではあるが、個人的には力を入れており、スタートから5ビットコインを入れて運用を開始した。Trade Coin Club(トレードコインクラブ)の当ブログ記事一覧はこちら

Trade Coin Club(トレードコインクラブ)への参加は、こちらから。

第4位  AIDP2PBTC(エイドピーツーピービットコイン)

当ブログからの参加人数 184名(+0)

寄付方式 0.02ビットコインを2名、0.03ビットコインを4名、0.08ビットコインを8名、0.16ビットコインを16名、0.8ビットコインを32名、2ビットコインを64名、4ビットコインを128名、8ビットコインを256名から受け取れると理論上はなっている。

寄付者の集め方 自分で集める、もしくは強いアップラインの下に入る事で振り落としを狙える

案件運営日数 日

BC-GOD運用日数 12日

ひとこと CrazeBTC(クレイズビットコイン)の上位互換とも言える案件開始直後から177名が殺到して、見込みで106.76ビットコインが発生している。徐々に着金している状態だが、全て着金すればかなりすごいことになる。キーポイントは本当に全て着金するか否かだ。AIDP2PBTC(エイドピーツーピービットコイン)の当ブログ記事一覧はこちら

AIDP2PBTC(エイドピーツーピービットコイン)への参加は、こちらから。

第5位  apex(エイペックス)

当ブログからの参加人数 168名(+1)

金利 日利3%(60日間)、土日も配当あり

元本 金利に含まれる

出金 出金指示後、運営側の承認制

運営日数 2429日

BC-GOD運用日数 29日

ひとこと 暗号通貨のトレード、FX、高級車、不動産投資で利益を出しているという会社であるが、驚くべきは2400日を超えるという運営日数。嘘かと思い調べたところ2010年の時点で確かにHYIPの体をなしたウェブサイトがあることが確認できた。1ヶ月ちょっとで元本を回収し、60日満期で180%のリターンとなる。apex(エイペックス)の当ブログ記事はこちら

apex(エイペックス)への参加は、こちらから。

 

第6位  TradeBTC(トレードBTC)

当ブログからの参加人数 155名(+2)

金利 日利2.5%、満期60日、90日、120日(運用金額による)

元本 配当に含まれる

出金 出金指示後、運営側の承認制

案件運営日数 28日

BC-GOD運用日数 8日

ひとこと 仮想通貨のトレードで収益を生むという案件。ぱっと見よくあるHYIPサイトなのであるが、SportArbの運営が、TradeBTCに25%を出資しているということから興味を持ち、運用を開始した。自分は120日満期のプランにしたので、とにかく1ヶ月やそこらで潰れてくれたら困ってしまう。現時点では日本の投資家はほぼ皆無。TradeBTC(トレードBTC)の当ブログ記事はこちら

TradeBTC(トレードBTC)への参加は、こちらから。

TRADE BTC LTD

第7位  CrazeBTC(クレイズビットコイン)

当ブログからの参加人数 145名(+0)

寄付方式 0.01ビットコインを5名、0.03ビットコインを25名、0.3ビットコインを125名から受けられる

寄付者の集め方 自分で集める、もしくは強いアップラインの下に入る事で振り落としを狙える

案件運営日数 63日

BC-GOD運用日数 14日

ひとこと これまでに扱ったことの無い案件だったが、紹介直後から参加者が殺到。0.01ビットコインから始められるという手軽さもあいまって大人気となった。運営を通さずに参加者同士が直接ウォレットに送金するので、運営持ち逃げのリスクが低いと感じる。一瞬で利益が出て正直驚いた。CrazeBTC(クレイズビットコイン)の当ブログ記事はこちら

CrazeBTC(クレイズビットコイン)への参加は、こちらから。

第8位  

当ブログからの参加人数 97名(+1)

金利 日利1%前後変動(100日間)

元本 満期後に返却

出金 出金指示後、運営側の承認制

案件運営日数 161日

BC-GOD運用日数 16日

ひとこと ビットコインのアービトラージで収益を生むという案件。ビットコインは取引所によっての価格差が大きく、実際に利益を生み出す事は可能であり自分も、そのオートトレードツールの製作を検討していたほど。配当に関しては毎日出金ができるが、紹介報酬の出金が100日後となっており、財務的に余裕が作れて長続きしそうな気はしている。AutoBitcoinTrading(オートビットコイントレーディング)の当ブログ記事はこちら

AutoBitcoinTrading(オートビットコイントレーディング)への参加は、こちらから。

第9位  ethtrade(イーサトレード)

当ブログからの参加人数 40名(+4)

金利 トレードの成績によって変動(平均日利0.7%)60日満期、180日満期の2プラン

元本 満期後に返却

出金 出金指示後3〜5日で着金

案件運営日数

BC-GOD 運用日数  1日

ひとこと JPモルガンが進めるEnterprise Ethereumや、マイクロソフト、IBMなどが名を連ねるThe Enterprise Ethereum Allianceのリリースなどで、一気に3倍以上に価値を伸ばすなど、最近の話題性は抜群で将来性もあるEthereumのトレードで収益を上げる。ただし、Ethereumの信頼性とethtradeの信頼性は別の話なのでそこは勘違いしてはいけない。トレードレポートをウイークリーで発行しているのは他には無い大きな特徴。ethtrade(イーサトレード)の当ブログ記事はこちら

ethtrade(イーサトレード)への参加はこちらから。

 

なお、HYIP投資に挑戦される方は、挑戦前にこちらの記事を必ずお読みください。

 

日本人がHYIPで詐欺られないための危険回避法。

HYIPにどのよう取り組むか?

 

こちらの記事を読まずにHYIPを始めると100%失敗しますので、ご注意ください。

公式LINE@絶賛友だち募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報やブログでは公開できない裏情報などをお届けいたします。

下のバナーから気軽に友だち申請してください。