日本で流行っていない案件にこだわる理由。

自分は新規に運用をスタートする案件を選定する際に、「日本で流行っていない」という点を重視します。

これは、HYIPは「お金を集めて、短期間のうちに超高金利でお金を払い出す」という物であるという事が理由です。

 

もう少し噛み砕きますと・・・

 

HYIPというのは

・入金が減ってしまい、出金が増えると終わる

・加熱して超短期間に資金が集まると、超短期間に出金されて終わる

という点を、思いっきり考慮しているのです。

 

こう考えますと、HYIPというのはゆっくり資金が集まり続けるのが、実は望ましいんですよね。

盛り上がりすぎないけど、着実に参加者は増えているという感じ。

そういう案件が長続きしますし、運用をする我々も利益を得続ける事ができます。

 

日本で流行っていないというのは、言い方を変えると1つの国に集中しすぎていないというという事ですね。

1つの国で極端に流行るというのは、間違いなく加熱状態です。

誰かが大きく仕掛けて、「ドン!」っと一気に参加者が増えないと、そういう状況にはなりません。

「ドン!」っと一気に参加者が増えると、「ザッ!」っと一気に参加者がいなくなります。

こうなってしまうと、どうしても遅くに入る人は破綻リスクが大きくなるんです。

 

何度も言っていますが、HYIPは投資だとかいいますが、これは「投機」であって「大人のゲーム」です。

そして、そのゲームの攻略法を知って、攻略することによって利益を生み出して行く事ができます。

 

「日本で流行っていない」ないし「1つの国で加熱していない」というのが、攻略法の1つです。

 

「ビットリージョンはやらないのですか?」「アジアビッツはやらないのですか?」という質問をよくいただきます。

その回答がここにあります。

 

ビットリージョンの国別アクセスを見ると、こうなっております。

日本からのアクセスが88.6%です。

 

アジアビッツはこんな感じです。

日本人一色です。

もちろん、自分の言っている事が全てではありませんよ。

間違っているかもしれませんし、これから上記案件に参加するのが絶対にダメだとは言えません。

ただ、一応よく考えて導き出した攻略法の1つとして、「日本で流行っていない」ないし「1つの国で加熱していない」というのがあるので、この2つには自分は参加しないというところです。

 

ライトライズはこんな感じ。

これは、かなり日本に偏っています。

今からの参加は、あえて選ぶ必要はないのかもしれません。

ただ、ライトライズは資金繰りが悪くならない仕組みになっているので、まだ持つとは思いますよ。

ライトライズの記事一覧は、こちらから。

 

エックスバイナリーは、この2〜3日一気に伸びている可能性があります。

この後、海外に広まらないと、ちょっとイヤーな感じはあります。

運営と仲良くさせてもらっているので、海外に広めるお手伝いをしていこうと思います。

エックスバイナリー記事一覧は、こちらから。

 

リッチモンドバークスは、こんな感じ。

これは美しいです。

いろんな国に満遍なくユーザーが広まっています。

リッチモンドバークスの記事一覧は、こちらから。

 

ラズレトンはこんな感じです。

製薬会社への投資という事でドイツが多いのが面白いです。

日本ではまだまだなので、これは良いでしょう。

ラズレトンの記事一覧は、こちらから。

 

こちらは、レンセングループです。

ちょっとだけ日本に偏っていますが、自分の中では許容範囲。

ですが、気づいたら40%とかになっていたら、「うーん」となるでしょう。

レンセングループの記事一覧は、こちらから。

 

はい、これはスポートアーボです。

アメリカからのアクセスが多いです。

訴訟国家であるアメリカ人ユーザーが多いというのは、運営者が逃げたらヤバいんじゃないかと勝手に妄想しています。

運営者は真剣にやらないといけないですよ。笑

スポートアーボの記事一覧は、こちらから。

 

こちらは、パーミルズ。

これは良いですね〜。

なぜ、イタリアが盛り上がっているのかは不明ですが、この感じはいいですよね。

ただ、10%くらいでしたら、偏っているというほどのものではありません。

パーミルズの記事一覧は、こちらから。

 

こちらは、エイペックス。

不思議不思議。

日本でほとんど情報が出回っていないはずなのに、21.9%となっています。

ネット上には情報がないので、口コミで広がっているのかもしれませんね。

エイペックスの記事一覧は、こちらから。

 

ということで、「日本で流行っていない案件にこだわる理由」ということで記事を書かせていただきました。

参考になりましたら幸いです。

 

公式LINE@絶賛友だち募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報やブログでは公開できない裏情報などをお届けいたします。

下のバナーから気軽に友だち申請してください。