TradeCoinClub(トレードコインクラブ)と泉忠司さんについて。

このような記事を入手しました。

TradeCoinClub(トレードコインクラブ)に関するベリーズの新聞記事です。

 

 

記事内容を翻訳しますね。

ざっくりですので、細かいニュアンスが間違っていたらすみません。

 

ビットコイン投資 -アジアとカリブ海の融合-

—————————————————————
ベリーズシティー:世界の注目は、ビットコインの動向だ。わずか数年前、1万ビットコインで、ピザ2枚(25ドル)を購入。現1万ビットコインを保有していれば、1000万ドル以上もの価値に相当する。

大多数の人は、ビットコインに馴染みがない。市場の動向を追う、極少数の人たちは、暗号通貨の誕生で、お金に対する人々の見方に、変化が生じていることに着目する。

ビットコインが特に魅力的な理由の一つは、誰にも不正操作されないことである。
ビットコインは発行の主体がないのだ。2040年までに、2100万ビットコインと定められた通貨の発行上限を、誰も引き上げることは出来ない。

ビットコインは希少価値があるため、価格は高騰する。現在のビットコインの時価は1000ドル前後だが、多くの専門家は、今後も価格は上昇し続けると予測する。

暗号通貨は特にアジア圏で幅広い流通がある。中国、フィリピン、日本などの各国政府は、ユーザー数の急増に対し、暗号通貨規制に向けた法整備を懸念しつつも、暗号通貨が国際通貨として、米ドルに取って代わる準備を進める。

ビットコインの口座間の送金は簡単で、受け取りも非常に容易である。
世界中の通貨にも交換可能だ。

暗号通貨間の取引方法の発達も、目を見張る。

近年、ベリーズ(旧英国領ホンジュラス)の都市、ベリーズシティーでは、世界初の、高頻度ロボットによる暗号通貨取引が、数千億円の市場で行われるようになった。

ベンチャー企業、トレードコインクラブ(TCC)は、巨大コンピュータを用いた、秒単位で数千回の取引を行うことで、会員に高い収益を還元することが可能なのだ。
暗号通貨の世界に革命をもたらす。
会社の創始者はポルトガル人、アメリカ人、ブラジル人の投資家グループだ。TCC社の公式ローンチは、本年5月マカオだが、昨年12月よりプレローンチは開催された。

TCC創始者かつ総代理店の一人であるドーバー・ブラガは、市場が既に200ヶ国で開かれ、52,000人以上が登録したと語る。

年度末までに、100万人の会員が登録する見込みだ。アジアでは「暗号通貨王(キングオブコイン)」との異名を持つ、暗号通貨の重鎮、泉忠司氏にも話を伺った。泉氏は昨年12月4日、東京で開催されたノアコインのセミナーに8000人を動員し、わずか1日で約5000万ドルの売り上げを出した。更に2017年1月には、インターネットのプロダクトローンチを用い、動画のみで約1億5300万ドルのノアコインを販売。これらの記録は、前人未踏の偉業である。暗号通貨の販売における世界記録であり、泉氏は世界最高のマーケターであることを裏付ける。

泉氏が現在、大きな可能性を見出したのは、暗号通貨間のFX取引市場であり、TCC社の創立に携わっている。TCC社は、泉氏と他の投資家たちが主催する東京での2月24日の大イベントにて、日本市場への幕開けとなる。日本では目下、ビットコイン投資が耳目を集める。

人々は貯金をどこに投資し金利を得るか、投資先を探し求めるのだ。銀行の預金金利がゼロの状態で、更に円の価値は近年著しく下落している。

このような人々の将来に対する懸念から、TCCへの投資へ、我先にと流れ込む。

「最初の週だけで1000人以上が登録したんです」
日本の投資家であり、日本市場のパイオニア、許英男(通称、坪本英男)氏はTCCの可能性を語る。

世界は徐々に統合されていく。革新的な投資モデルの発達により、アジアとカリブ海とが繋がった。

即行動する者が、チャンスを掴み取る。

 

暗号通貨の世界で情報収集をしていると泉忠司さんには、必ずたどり着きます。

そして、彼に関しては様々な評判、噂があります。

 

ただ、自分たちとしては、明らかになっている事実から重要なポイントを見極めて動くことだけを考えるのが知的です。

ポイントは下記の通り。

 

・TCCは12月にプレローンチで5月に公式ローンチとなる

・泉忠司さんは動員力があり、また資金も集められる

・ノアコインの時価総額は暗号通貨市場ではトップ10に入る

・2月24日に日本でTCCの大きなイベントが開催される

 

自分たちは案件を見極めて、そこで利益を生み出すのが大目的です。

そして、上記のポイントから考えると、2月24日の大イベントと、5月の公式ローンチでTradeCoinClub(トレードコインクラブ)に大きな資金が集まることは間違いありません。

 

こちらの記事を思い出してください。

日本で流行っていない案件にこだわる理由。

 

資金がドカッと入った案件は避けたいということを言っています。

ただ、今回は資金がドカッと入るタイミングが、現時点で2回は確定しているということ、そして現在はドカッと入る前の段階であるということ、これを考えると、表現は悪いですが「勝ち逃げ」するには今がジャストタイミングだと思われるわけです。

 

もちろん、TradeCoinClub(トレードコインクラブ)という案件自体をどう考えるか、そしてこの記事をどう考えるかは、あなた次第です。

ですが、参加するのであれば、今の段階であればリスクはかなり少ないと考えられます。

また、24日以降に日本市場でも大きな話題になることも予測されます。

 

そういったことを考えながら、それぞれが最善の行動をしてきましょう。

Trade Coin Club(トレードコインクラブ)の当ブログ記事一覧はこちら

 

Trade Coin Club(トレードコインクラブ)への参加は、こちらから。

 

公式LINE@絶賛友だち募集中!

LINE@の友だちには、最新の情報やブログでは公開できない裏情報などをお届けいたします。

下のバナーから気軽に友だち申請してください。